50代の片付けと暮らし

【一気に断捨離】フリーマーケットの申し込み方法【大阪】

 

青空の元、お客様と直接やり取りしながら売ることができるフリーマーケット。

値引きの駆け引きは、時に楽しく、時に後悔をはさみつつですが(笑)、商品がどんどん売れていくのはありがたいし、やっぱりすごく嬉しいんです。

 

昨日は、そんなフリーマーケットの「準備」と「当日の流れ」等をまとめました。

フリーマーケットで用意する文房具の画像
あっという間に家が片付く!【一気に断捨離】フリーマーケットのすすめ フリマアプリしてますか!? とっても便利だし結構売れるので、私もよく利用させてもらっています。 ただ、困るの...

 

一度も経験がなく、取っ掛かりも分からない方がいらっしゃると思いますので、申し込みの流れをまとめてみました。

 

私は大阪在住なので関西の情報になりますが、出展料などもあわせて1つの『目安』としてご覧下さい。

 

フリーマーケットの主催者を選ぶ

 

『大阪 フリーマーケット』で検索すると、いくつかサイトが出てきます。

サイトによって扱っている開催場所が違いますので、自分が利用しやすい開催場所(開催日時など)を照らし合わせて選んでください。

 

私は今回「日本ガレージセール協会」というサイトに申し込んでみました。

※全国展開してそうな名前ですが大阪限定です。

万博お祭り広場で開催される、手荷物600ブースのリサイクルフェアは関西最大級の規模なんだそう。

規模が大きければ、来る人も多いんじゃないかな~と安易に考えています。

 

フリーマーケットの申し込み

 

まず

サイトから会員登録する

情報誌と会員番号が郵送されてくる

一度登録しておけば2回目以降は不要です。

 

そしてサイトの情報を見て

出店したい場所と日にちを選ぶ

受付開始日以降に申し込む(電話で)

出店料を振り込む

 

フリーマーケットの出店料

 

アマチュア(家庭内不用品・リサイクル品)の場合

 

会場によって少し違いますが、万博お祭り広場で開催されるフリーマーケットは

(手荷物ブース)3m×3m:3,200円
車で行く場合、駐車場代が別途掛かります。
出店料3,200円+駐車場代1,500円
合計4,700円

 

この4,700円を下回ると赤字なのですが、例えば1枚300円の服が16枚売れるとクリアできるので心配ご無用!

あっという間に回収できます。

 


 

開催日の1週間ほど前に、「出店許可証」と資料が送られてくるので確認して、いよいよ出店です!

 

フリーマーケット出店のまとめ

 

生活環境の変化や、心の変化、時の流れとともに出てくるのが不用品。

去年までは頻繁に使っていたものでも、今年は全く必要がなくなった…なんて物もきっとあるはず。

とくにお子さんがいらっしゃるご家庭は、子供の成長と共に、要不要な物がどんどん変わりますよね。

 

そんな時にフリーマーケットは、家のごちゃごちゃを一掃できて便利なんですが、

叩き売りの覚悟が必要なのも事実。

 

フリマアプリと上手く組み合わせながら、すっきりした暮らしを手に入れたいものです。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

読んだよ!の代わりにポチっと押して頂けると幸いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ