50代の悩み

50代からは『髪への投資』が若さを保つ一番の近道

 

先日、美容室へ行ってきました。

 

うねりのあるくせ毛なので3ヶ月に1度のストレートパーマが欠かせません。

そして1ヶ月半ごとの白髪染めも。涙

 

今の美容室に通い始めてかれこれ15年…。

途中、他の美容室へ行ったりしましたが、徐々に髪の質が悪くなり出戻ってきました。

安心してお任せできる美容師さんがいることは、とても心強いことだと、この歳になって気付かされます。

 

アラフィフこそ髪型と髪質が大切

 

顔の表情と同じぐらい、髪も人の印象を大きく左右する要素だと思います。

髪がパサパサだと途端に疲れて見えるし

髪型によっては痛々しく見えたり…

 

骨格や年齢に合った髪型で、尚且つ艶やか。

きちんと手入れされた髪は、若々しくも、健康的にも、上品にも見せてくれます。

本当に似合う髪型に出会えれば、欠点だってチャームポイントに変える力を持っているとも思います。

 

 

バービーのイメージ画像

 

アラフィフは髪のアンチエイジングから

 

若いころの憧れの基準は「目が大きい」「顔が小さい」「手足が長い」などなど、ある意味生まれ持った見た目の美しさでしたが

アラフィフ辺りから『いかに健康的でいかに若さを維持しているか』にシフトしていきます。

 

ただ悲しいかな歳を重ねるごとに、心身の健康が髪と肌に顕著に表れてしまうもんです。

 

でも逆に言えば、食生活や日頃の手入れで少しは変えられること。

手足を伸ばしたり骨格を変えることは絶対に出来ませんが、髪と肌はなんとかなりそうな気がして、せっせとプロテインを飲んでいます。笑

 

 

まとめ

 

12時からの予約で、カラー・ストレート・トリートメントをして終わるのは18時頃。

美容室を出る時には、髪はピカピカ私はヨレヨレ

 

時間とお金、そして気力も体力も奪われますが

アラフィフにとってキレイを手に入れるには、ダイエットや服を買うことより、髪に投資することが一番の近道だなと思っています。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ