大人の趣味さがし

京都の庭園で癒される【金戒光明寺】新選組発祥の地にはアフロ大仏がいる

 

座ってのんびり庭園を眺められる:

 

金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)へ行ってきました。

地元では『くろ谷さん』と呼ばれて親しまれていますが、江戸時代、京都で不穏な動きがあったときに軍隊が配置できるよう、知恩院と共に幕府が城郭構造に造り直されたお寺なんです。

 

金戒光明寺の表門の画像

 

金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)の概要

 

1175年(鎌倉時代)、法然上人が石の上で念仏を唱えたとき、紫雲が広がり光明が辺りを照らしたことから、この地に草庵を建てたそうです。

これが浄土宗で最初の寺院となり、現在の金戒光明寺に繋がります。

 

金戒光明寺の山門の画像

 

幕末には尊王攘夷運動の嵐が吹き荒れる中、京都守護職に任命された松平容保が入洛。

会津藩がここ金戒光明寺に京都守護の本陣を敷いたことから、その配下である新選組が誕生しました。

 

金戒光明寺の画像

 

金戒光明寺のアフロ大仏

 

金戒光明寺と言えば、SNSで有名になってるアフロ大仏!

徳川秀忠の菩提を弔うため建立された『三重の塔』へ向かう階段の途中にいらっしゃいます。

 

金戒光明寺の三重塔の画像

 

\どーーーーん/

金戒光明寺のアフロ地蔵の画像

 

正式には『五劫思惟阿弥陀仏』といい、五劫ほどの長い期間、思惟をこらして修行されたため、螺髪が伸びたんだそうです。

こんなにでっかくなる程までに、長い間修行されたという表れなんですね!

 

三重の塔までの長い階段を上りきったら、ご褒美のような夕景が広がっていました。

 

金戒光明寺の三重塔からの眺めの画像

 

お帰りの際には、アフロ大仏の顔ハメ看板で記念撮影を\(^o^)/

 

金戒光明寺アフロ地蔵の顔はめ看板の画像

 

金戒光明寺の庭園(特別拝観)

 

金戒光明寺の庭園は、特別拝観の時期のみ見られます。

※2019年秋の特別拝観は11/4~12/8

 

拝観時間 9:00~16:30
拝観料 御影堂・大万丈・庭園:800円
山門:800円
セット(御影堂・大万丈・庭園・山門):1400円

 

2006年に作庭された回遊式庭園は、法然上人の生涯を

  • 幼少時代 美作国
  • 修業時代 比叡山延暦寺
  • 浄土宗改宗 金戒光明寺の興隆

これら3つに分けて枯山水で表しているんだそう。

 

金戒光明寺の庭園の画像

 

鎧池をぐるりと周って、万丈を見る景色も美しかったです。

 

金戒光明寺の庭園の画像

 

そうそう!庭園を歩いているとそこここに『カメ』がいるんです。

是非見つけて下さいね!

 

金戒光明寺の庭園にある亀の画像

/ちょこん\

 

金戒光明寺の詳細情報

 

拝観時間 自由参拝
拝観休止日 無休
拝観料 無料
お問い合わせ 075-771-2204
公式ホームページ https://www.kurodani.jp/
住所 京都市左京区黒谷町121

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ