お出かけ

京都の庭園で癒される【雲龍院】菊花紋章に背筋が伸びる皇室ゆかりの寺

 

東福寺(非公開)塔頭でのお寺ヨガが終わってから伺いました。

 

東福寺からGoogleマップを見つつ移動してたんですが、画面をよく見てみると、雲龍院の直前でワープしているではありませんか!!!

空を飛べというのですかGoogleさん。

この日は一人だったのでアタフタ。

色んな方に道を尋ねながら何とか御寺泉涌寺まで辿り着きました。

 

御寺泉涌寺の門の画像

 

しかーし、御寺泉涌寺の敷地は広大!

しかーも、雲龍院は一番奥に在り、ここからの道のりが遠かったのです。

 

雲龍院への道案内看板の画像

 

要所要所に出てくる案内板を頼りに、歩く事十数分。

やっと雲龍院に辿り着きました。

 

雲龍院の門の画像

御寺泉涌寺塔頭・雲龍院の概要

 

雲龍院は泉涌寺(せんにゅうじ)の別院。

1372年(応安5年)に後光巌上皇が勅願し、竹巌聖皐が開いた寺。

皇室との縁が深いため、泉涌寺の他の塔頭とは違い『別格本山』という高い寺格が与えられているそうです。

 

初めて訪れても分かりやすい!雲龍院

 

入口で拝観料400円と、お抹茶券500円をお渡ししました。

 

雲龍院で頂くお抹茶とお菓子の画像
京都の庭園でお抹茶を【雲龍院】お気に入りの場所で頂ける至福 庭園を楽しみながらお抹茶: 雲龍院へ行ってきました! https://60-percent....

 

パンフレットとは別に『雲龍院の「へぇ~」ポイント』が書かれたプリントを頂けるんです。

 

先ず最初にれんげの間から拝見しました。

正面には雪見障子。左手には座布団がぽつんと敷かれています。

そこに座ると『しきしの景色』が見えるとの説明書きがあり、見上げて見ると…

 

雲龍院れんげの間の障子の画像

 

四角いガラスには、左から、椿・灯篭・楓・松が見えるようになってるんです!

へえ~!

 

 

雲龍院の大輪の間と庭園の画像

こちらは大輪の間。お庭が一望できます。

 

壁には大石内蔵助の額が飾られているんですが

討ち入り前、山科に籠っていた大石内蔵助は、雲龍院を度々訪ねていたとのこと。

へぇ~!!

 

 

雲龍院の灯篭の画像

枯山水庭園のまん中にデデーンと十六菊です。

こちらの灯篭、徳川慶喜が寄進し元々は孝明天皇陵にあったそうですが

幕末の混乱時に薩摩藩が放り投げたものを、雲龍院の住職がこっそり夜中に取りに行かせて、この場所に置いたんだそう。

へぇ~!!!

 

 

雲龍院の悟りの間の画像

こちらは悟りの間。

 

 

雲龍院の悟りの間の迷いの窓の画像

奥の四角い窓は『迷いの窓』で、人生における苦しみを象徴し『生老病死四苦八苦』を表し

 

 

雲龍院の悟りの間の悟りの窓の画像

正確な真円を描いている『悟りの窓』は、禅における悟りの境地を表しているんだそうです。

へぇ~!!!!

 

 

雲龍院のお庭と菊花紋の水琴窟の画像

へぇ~ポイントには含まれてなかったんですが、なんと十六菊の水琴窟がありました。

 

 

雲龍院の十六菊の水琴窟の画像

濡縁に座ると2本の竹筒が立っており、筒に耳を近付けると、

キン…コン…

水琴窟の清らかな音色が、最近やさぐれてた私を優しく癒してくれました。

 

他にも、走り大黒天や高い杉の木などなど

是非プリントを見ながらへぇ~と唸ってみて下さい(^o^)

 

御寺泉涌寺別院・雲龍院の詳細情報

 

拝観時間 9:00~17:00
拝観休止日 1月成人の日
2月18日
4月27日
6月27日
9月中秋の頃
12月23日
※上記以外にも一般拝観を休止する場合あり。雲龍院のHPでご確認願います。
拝観料 400円/お抹茶500円
アクセス JR『東福寺駅』徒歩約20分
京阪『東福寺駅』徒歩約20分
住所 京都府京都市東山区泉涌寺山内町36
お問い合わせ 075-541-3916
雲龍院HP

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ